スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 を読んだ

タイトルを見ると前回の犯人が何かするイメージだが、実際には今回の主人公の捜査に協力する。エログロは後半に少し出てくる。
前回はラインとかの説明が普段スマホ使ってる人からは退屈な部分もあると思うが今回はなかった。つまらなく思う人は本当にコンピューターに強い人だと思う。
前回の殺人鬼がちょっと良いヤツに見えてしまった。最後の言葉の通り、もっと早く桐野と会っていたら違かっただろう。これも運命というものなのか。
森岡さんの愛発言のところを読んだ時に、一瞬違うジャンルの本を読んでいるのではと錯覚した。

前作、今作、どちらも面白かった。不気味な感じはこちらのが控えめ。ドラマや映画にしたら今作の方が面白いかもしれない。前作のようにこれも映画化されるのかな?